認知症の親に頼る

【認知症】子は親に頼ることをやめるべき

認知症なら親に頼るのをやめる

まぁ自分は子供の頃から親にいろいろ頼ってきました。

 

今でもよく
「買い物に行くのなら○○買ってきて」
みたいなことは頼みます。

 

 

で、まぁ、認知症なのか、単に物忘れが激しいのか知りませんけど。
そういう
「買ってきて」
と言ったものを普通に買ってこなかったりするんですけど。

 

そういうのは別に良いんです。
そこまでほしいわけでもないですから。

 

 

でももっと重要なことというか、してほしいことをしなかったりするのは。
こちらとしても怒ってしまうので、まぁ親に頼るのをやめるべきなんでしょうね。

 

 

 

 

お風呂は自分で炊け

お風呂とかもそうですね。

 

親はプールスクールに行っているので、そこでお風呂に入ってくるので、自分と親はお風呂が別なんですよ。
基本自分はシャワーなので、風呂に入らないのですけど。

 

風呂に入るときは親に頼んだりします。
でもそういうのも自分で風呂を炊くべきなんですよ。

 

 

まぁなんていうか、そういうちっちゃいことだからこそ親に頼んでしまうわけですけど。
ちっちゃいことを自分でやったほうが、間違いなく精神的に助かります。

 

 

ちっちゃいことを頼んで、親がやっていないから、怒ったり不満を抱いたりするわけで。
親が認知症になりかけているのなら
「簡単なことだから親に頼もう」
みたいなことがNGなんです。

 

簡単なことだからこそ、親に頼まないで自分でいろいろやるべきなんです。

 

 

「認知症でもこのぐらいのことならできるだろ」
みたいな感じで頼むと、後々イライラしたりする結果があったりするので。

 

まぁ親にはあまり頼まないほうがいいような気がします。
なにもやることを与えないと、親もボケが進んでしまいそうに感じますけど。

 

親のことを気にするより、こっちがストレスで高血圧で倒れそうになるので…。
親が認知症の傾向が強まってきたのなら、いろいろ頼んだりするのは駄目な気がします。

 

 

 

 

小さなことで喧嘩するのが馬鹿らしい

なんか、親に米をといでおくのを頼んで、米をといでいなくて怒ったりしたこともあった気がします。
やっぱり親に頼むのはダメですよ。

 

 

こちらとしては
「ちょっとのことだろ」
と思いますけど。

 

そういうのはNGですね。

 

 

後は約束。
これもNG。

 

頼むことと、約束は似ているかもしれませんけど。
親のいうことは話半分に聞かないといけません。

 

 

親が
「明日はカレーを作る」
と言っても、明日カレーだと思ったらいけません。

 

うちの親は、基本そういうのをなかったことにするので。
そういうので怒ったこともなんどかあった気がします。

 

 

親が
「明日はイオンに行く。あんたも行くかい?」
と言っても、それを信じたらいけません。
親は基本そういうときは行かなかったりします。

 

 

認知症がどうこうというより、単なるそのときの気分で生きているのだと思いますけど。
そういうことで怒ったことが、もうなんどもあったので、さすがに懲りましたね。

 

 

子供の頃は親ってなんでもできる存在で、なんでもやってくれていました。

 

でもやっぱり歳を取ると
「物事を引き受けるんだけどやらない」
ようになりますね。

 

 

まぁこれがイラっとするわけですよ。
「やらないのなら、引き受けるなよ」
と思うわけですけど。

 

頼むほうが悪いですよねぇ。
そんな感じで、親にはあまり頼まなくなりました。
いや、それでもいろいろと頼っているところはあったりしますけどねぇ。


ホーム RSS購読 サイトマップ