認知症の思い込みが激しい 歯を抜く

【認知症】思い込みが激しい!歯を抜いた体験談

認知症と思い込み

うちの親はまだしっかりしていますけど、思い込みが激しすぎて。
その通りにならないと納得しないところがあります。

 

 

たとえば、ラーメンとカレー。
これがどちらがおいしいのかは人によると思います。

 

でもうちの親なら、どちらか片方のほうがおいしいといえば、実際に両方食べたときに、かならず自分がおいしいと言った方をおいしく食べ。
もう一方はおいしくなさそうに食べるところがあります。
うーん例えが下手だな。

 

 

いや、まぁ、なんていうか。
うちの親が
「あの食べ物でお腹を壊した!」
と言ったら、その食べ物の安全性をどんなに主張しても
「それが悪いんだ!」
と決め付けてきます。

 

だから、うちの親には怖くて食べ物とかあげたくないんですよね。
親は自分の買ったものなら、文句はつけませんけど。
人があげたものになると、体調を崩したら、それのせいにしてくるので…。

 

 

用は順番が逆というかな、多くの人は実際に食べ物を食べて結果がでます。
でも親は先に頭の中で結果がでていて、おいしいと思っているものはおいしく食べれて。
おいしくないと思っているものは、まずく感じるわけです。

 

 

 

 

 

親が歯を抜いた話

うちの親が歯医者にいって、詰め物を治療したんですよね。

 

で歯医者から帰ってくると、親が
「歯が痛い、歯が痛い」
と言っているわけです。

 

 

親がいうには
「治療のときに歯にばい菌を入れられた」
というわけですね。

 

でも歯医者がいうには
「問題ない」
っていうわけです。

 

でもいくら歯医者が問題ないといっても、親からしたら
「歯の中にばい菌を入れられたから、これをどうにかしないと」
と言い、うちの親はいろいろな歯医者に行ったり、痛み止めをうってもらったりして。
最終的に歯を抜きました。

 

 

ようは
【医者が問題ない】
って言っている歯を親は
「歯が痛いから抜いてくれ!」
と思い込んで、抜いたわけですね。

 

 

まぁでも最終的に親が、精神的な問題で痛みが出ていたと気づいたというか。
歯を抜いても、歯茎が痛かったのか知りませんけど。
痛みが残ったようで、結局精神的なものだとわかって、それから薬を飲んでいるんだっけかな。

 

 

でもこういうのって病気であるんですよ。
たしか名前は

【非歯原性歯痛】
【身体表現性障害】

こういったものがあてはまるようですね。

 

 

うちの親は、こういうのとあいまって、思い込みの激しさと言うかな。
いまだに
「歯の治療のときにばい菌を入れられたから痛い目を見た」
と言っています。

 

まぁうちの親って、やっぱり思い込みが激しいので。
1本の歯ブラシを1年ぐらい続けて使っていますからね。

 

 

自分が
「変えたほうがいい」
と言っても
「なにも問題ない」
と言って、同じ歯ブラシをずっと使っています。

 

自分がいろいろ言っても、結局喧嘩になるので。
親が同じ歯ブラシを使っているのを放置しています。

 

 

 

 

 

歳をとると頑固になる?

歳をとると頑固になるとかいいますけど。
親の場合はちょっと違うような気がします。

 

 

頑固というより、自分が思っていることが正解だと思いこむというかな。
そうなるように自分自身が動いているって言えばいいかな。

 

たとえば、うちの親はAの道とBの道。
どちらが近道か考えたとき、Aの道のほうが近いといったら、Bの道を通るときは絶対にノロノロ行きます。

 

本人がそうあってほしいというのが、実際に体言しているというかな。
それがうちの親なんですよ。

 

 

これが認知症と関係あるのかはわかりませんけど。
この思い込みの激しさは、ちょっと最近は恐怖を感じることもあって。

 

親が車を運転していて
「ここの道は危険なんだ」
と親が言ったら、親の運転が急にぐちゃぐちゃになって事故りそうになるんですよ。

 

 

親が
「ここは危険」
だというと、その危険を証明するとかそういうわけではないと思うんですけど。
思い込みが激しく、なんか危険な感じにしたがるみたいなんです。

 

 

まぁそんな感じで、やっぱりいろいろ怖いというか。
プレッシャーとかとはちょっと違うような気がするんだけどなぁ。

 

親と意見が分かれて、2人で言い争っても、結局親が折れることはないので。
基本諦めています。

 

 

どんなに本人が認知症予防というか、ボケないようにがんばっても。
人間年齢には勝てないというか、性格って変わっていくのだと思います。

 

親の思い込みが激しく、親からしたら自分のことを過小評価しているので。
自分がいろいろ教えても、まったく話を聞かず。

 

自分が教えてもまったく話を聞かず。
他の人が同じことを言ったらちゃんと話を聞いて、自分に教えてきたりするので。
「それ、前に自分が教えたしょ」
みたいなことをいうと、親は笑っています。

 

というか、自分の話を聞く気がないのに、なんか自分にいろいろ質問してくるのが腹が立ちます。
質問してくるので、答えても大抵は話を聞かないか
「なに言っているのかわからない」
と言って、理解しようとしないので。
ダメだこりゃ。


ホーム RSS購読 サイトマップ