認知症 同意と否定

【認知症】同意をしないで否定をする

認知症で同意しなくなる

これは性格によるところなのかもしれませんけど。

 

うちの親は、自分(子)のいうことに同意することがまったくないですね。
かならず否定してきます。

 

 

たとえば、ある食べ物に対して、自分がおいしいといえば親は
「おいしくない」
といい。

 

時間が経過して、親がおいしくないと言った食べ物に
「おいしくないね」
と自分が言えば、親は
「いや、これが結構おいしいんだって」
みたいな返事をしてきます。

 

 

この感じは今回まろやかな感じで書きましたけど。
これが結構こちらとしてはイライラするところがあるんですよね。

 

いやそりゃそうでしょ。
前そっちが「おいしくない」って言っていたら、こっちも同じ意見にあわせようとしたら、向こうは前と意見が変わっているわけですから!

 

 

ひどいときは親がおいしくないと言ったから、自分が買わなくなったものを、親が自分で購入してむしゃむしゃ食べて
「これ、おいしいわ」
と言っているときがあったりします。

 

そういうのを聞いて
「それ、嫌いだって言っていなかった?」
「この前食べたとき、おいしくないって言ってたよ」
なんて自分が言ったりして、まぁ喧嘩になりますよね。

 

 

でも、自分が食べているときは
「おいしくない」
と言って、不愉快にしてくるのに。
その後、親がそれを普通に「おいしい、おいしい」言って食べていたりしたら、そりゃーイライラしますよね。

 

 

まぁ認知症だから
「おいしくない」
と言ったのを忘れている可能性があるんですけど。
なんかそういう話ではない気がします。

 

 

 

 

 

親は否定したがるもの?

でも、こういう否定するっていうのは、親ではなくても自分的にもなんとなくわかる気がします。
同意するのが恥ずかしいというかな。

 

ちょっといちゃもんをつけたくなるような心境っていうの?
良いものには、悪い点を見つけたくなる心境っていうのかな。

 

そういうのは親子なのかもしれません。

 

 

そういうので喧嘩をしても不毛というか。
「年寄りのいうことは、なんでもうなずいておけ」
と親が言ってくるので、まぁそのとおりだと思います。

 

 

自分がAといえば、親がBという。
自分がBと言い直せば、親はAという。

 

つまり同意を求めるのは難しいというか。
それでいいと思うんです。

 

 

なんか認知症の人と、同じ気持ちというか感覚を共有しようとするから駄目な気がします。
だから自分は最近は親のことを考えず
【自分のほしいものだけを買うようにする】
っていう意識が強くなりました。

 

 

昔は自分が食べるのだとしても
「これは親が嫌いって言っていたから、なんか買いたくないな」
なんてことを思ったりしていましたけど。

 

最近は、親の好みなんてまったく考えず。
自分が好きかどうかだけを考えて、いろいろ買うようになりましたね。
そしてそうすることで万事うまくいくんですよ。

 

 

でもそうなると、親はどんどんと認知症がすすむわけですよね。
会話が少なくなるわけですから。

 

 

 

 

 

交流しないとボケるし、交流すれば喧嘩になる

認知症の人は会話をしないと進行が早くすすんでしまうとされています。
なので、まぁ自分が話をするのではなく
【他人と会話をすればいい】
のだと思います。

 

親は他人に対しては、すごく優しいというか、イエスマンです。
自分に対してだけ、否定をよくするタイプだと思っています。
身近な人なら、身近な人な分だけ、否定をするわけですね。

 

 

でもそれも、やっぱり認知症とか関係ない気がします。
自分だって、まったくの他人に対しては、まったくそう思っていなくても
「そうだね」
と適当に相槌をうちますからね。

 

 

そうなると、親しすぎず、他人過ぎない友人。
そういうのがいると認知症の進行は食い止められるのかもしれません。

 

後は、うちの親って認知症だと自分で言っていますけど。
そういう人ほど、他人の
「あれ?認知症なのでは?」
という行動に敏感みたいです。

 

なんか親から
「○○さん、ボケじゃないかしら」
みたいな話をよくしますからねぇ。

 

まぁこれも年寄りによくある、自分のことは気にならないが、他人のことは気になるっていう奴なんだと思います。

 

 

というか、うちの親は認知症ではなく、単なる年齢が高くなって頑固になってきているだけなのでは?
認知症=頑固になるってことなのかなぁ。

 

 

うちの親ってそっちから質問してきて、こちらが説明しても
「意味がわからない」
とまったく聞く耳を持たなく、不愉快にさせるだけのときが多いです。

 

 

だから自分もいやになって、親が質問してきても
「どうせ理解されないから答えない」
といって、喧嘩になったりすることがありますね。

 

なんか理解できないとかよりも、親はこちらの話を聞かないというか。
理解しようとする気がないのを感じます。

 

 

だから、自分が
「あの店のポイント、もうすぐなくなるよ」
と10回言っても、まったく聞かないで、実際ポイントがなくなってから
「ポイントなくなってた!」
と親がびっくりしていたりします。

 

やっぱり認知症がどうこうではなく、なんかこちらの話を聞かないというか。
こちらをリスペクトしないというか。
自分が話す言葉に対して、けんか腰というか、聞き入れる気がないのだと思いますねぇ。

 

 

後は親はとにかく返事をしません。
自分が
「キャベツ切っておいてくれる?」
というと
「…」
と無言なんですよね。

 

で、もう一度
「キャベツ切っておいてくれる?」
というと
「さっきも聞いた!」
と怒りだします。

 

 

で、もしもう一度
「キャベツ切っておいてくれる?」
と確認しなければ
「そんな話聞いていない」
となって、どうにもならないので。

 

まぁ親に頼るのをやめればいいってことです。
やっぱり話さないほうが安心というかな。
話をすると喧嘩になりますね。

 

 

この前は同じような感じになって
「なんで返事をしないの?」
と言って、喧嘩になったりしましたからね。
喧嘩したがりなのかな?


ホーム RSS購読 サイトマップ