認知症の好き嫌い

【認知症】食べ物の好き嫌いがおかしい!食べれるのに嫌いだという

認知症の食べ物の好き嫌い

認知症になると好き嫌いが激しくなるのか、よくわからないことをいうようになるので注意です。

 

たとえば自分の親はケンタッキーというか、肉が大好きなんですけど。
あー、これも昔はうちの母は肉はあまり好きではなかったんですけど。

 

歳をとって急に好きになりましたね。
ケンタッキーとか10個ぐらい買うと、うちの母が7個食べて、自分が3個ぐらいになってびっくりします。
昔は逆だったんですけどね。

 

 

で、ケンタッキーの話なんですけど。

 

ケンタッキーっていろいろな部位がありますよね。
で、うちの親はケンタッキーが好きなんですけど、特定の部位は
「嫌い」
だと言って食べません。

 

いわゆるドラムの部分を
「嫌い」
だと言って自分に渡してくるんですけど。

 

 

たぶんこれは、単純に食べる量が少ないから、食べたくないのだと思います。
まぁそういう頑固というか、認知症になってくると納得行かないものを口にしなくなるので注意です。

 

 

 

 

シュークリーム好きでも、いちご味は許さない

うちの親はシュークリームが好きなんですけど。
いちご味のシュークリームを買うと
「いちご味は嫌いだからあんたにあげる」
と渡してきます。

 

 

いや、うちの親はいちご自体は好きなんです。
でもいちご味のシュークリームになるとなぜか嫌うんです。

 

まぁ「あんたにあげる」といいつつ、自分が食べようと思ったら、もうなくなっていましたけど。

 

 

後は、玄米も嫌いで口にしませんね。
「昔は玄米ばかりで、うんざりした」
みたいなことを言って、玄米は炊こうとしません。

 

チーズも嫌いで、チーズ味のケーキになると口にしませんね。
まぁチーズ自体を食べないのはわかりますけど、チーズケーキとかでも避けるわけで…。

 

 

後はシナモンのにおいとかも苦手で。
シナモンが使われているクッキーなんかも食べないですね。

 

クッキーとか1人で1箱一瞬で食べるタイプなんですけど。
シナモンが使われていると、嫌いだと言って手をつけないです。

 

 

後はソフトクリームもバニラが好きなんですけど、チョコは嫌いらしく。
ミックスも許さないようです。

 

スーパーでバニラのソフトクリームが売り切れで、ミックスしかなかったときは。
「ほんとうはバニラだけがいいんだけど」
といいながら食べていました。

 

まぁ嫌いというより、納得できないのだと思います。
実際は食べれるんですよ。

 

なにか本人の中で許せない、納得できないことがあっての好き嫌いなんだと思います。

 

 

 

 

関与しないが吉

もうこれは関与しないのが吉だと思います。

 

うちの親に食べ物とかあげなくて十分です。
本人が好きなものを買っているわけですから。

 

 

親が嫌いだというものをたべてあげればいいんです。
そりゃこちらとしても、自由にいろいろ食べたいですけど。

 

親が
「私嫌いだから、これはあんたの」
みたいに渡すものを素直に食べればいいわけですね。

 

 

そして親が好きなものには手をつけない。
そのぐらい我慢しましょう。

 

自分の買ったものを親がかってに食べても許してやってください。
うちの親はとにかくこれが多く。

 

「名前を書いておけ」
といわれたので、名前を書いたんですけど。
それでも、自分の名前を書いたアイスを親に食べられましたからね。

 

 

いや、認知症とかではないんだと思います。
歳をとると人間って頑固になるのだと思います。

 

ちょっとしたことなんですけど、それが気になったり納得できなかったりするのかと。

 

 

小さな子供のようなものなんですよ。
子供だって
「○○じゃないとやだ!」
と駄々をこねたりすると思います。

 

認知症の大人も、そういうちょっとしたことが納得いかなくて好き嫌いしたりします。
そういうときは、無理に食べさせようとしないで、本人の好きなものを食べさせればいいんです。

 

 

「そんなに変わらないのに」
と思いますけど、そういったことは口にせず我慢しないと喧嘩になりますから注意です。

 

親も食べるものがなかったり、嫌いなものでも誰も食べなければ、結局最終的には本人が食べていますから。


ホーム RSS購読 サイトマップ